カテゴリ:風景( 99 )
|TOPに戻る
2019年 05月 28日
高塔山夜景
標高124mの高塔山の山頂にあるだけに、展望台からの眺望は格別なのですが、ただ風が強く時折小雨も混じり若戸大橋や皿倉山、響灘が少しかすんで見えました。
時間が経つほどに条件はだんだん悪くなりました。

5-19 18:30
f0013727_00456.jpg

5-19 19:18
f0013727_021299.jpg

5-19 19:52
f0013727_031335.jpg

by akikou11 | 2019-05-28 00:07 | 風景 | Comments(1) |TOPに戻る
2019年 05月 27日
柏原漁港
芦屋釜の里から車で5分くらいの所
遠賀川河口の東にある漁港。周りはネットが張り巡らされていました。
狩尾岬のすぐ左にあって湾になっている
海の駅奥の左側は地磯で、手前の蛭子宮の鳥居の山が堂山。奥の岩に空洞がある磯は洞山という島で干潮時に渡れる。周りは平たい地磯だが滑りやすい
岩場は水没するときもある。洞山の東に赤灯台の波止がある。

f0013727_23474826.jpgf0013727_23523298.jpg

f0013727_23483642.jpgf0013727_2349124.jpg

f0013727_23541027.jpgf0013727_23544091.jpg
by akikou11 | 2019-05-27 23:56 | 風景 | Comments(0) |TOPに戻る
2019年 05月 27日
芦屋釜の里
先日北九州の芦屋釜の里を訪ねました。
室町時代、茶の湯釜として全国に名を馳せた芦屋釜。現在、
園内の工房においては、鋳物師達がその復興に取り組んでいるそうです。
室町期の芦屋釜などを展示した資料館、気軽にお抹茶をいただける立礼席、日本庭園、
茶室などがありました。
f0013727_143610.jpg

四季折々の花が咲く庭には今は
サラサウツギ・ノカンゾウ・テツセン・芍薬・はまなす・シャラ(ナツツバキ)
などが咲いていました
by akikou11 | 2019-05-27 01:05 | 風景 | Comments(0) |TOPに戻る
2019年 04月 04日
桜星景
狭い庭の中からの撮影ですので少し窮屈ですが
f0013727_2132677.jpg



雲が出てきました。
f0013727_2155031.jpg

by akikou11 | 2019-04-04 02:14 | 風景 | Comments(0) |TOPに戻る
2018年 11月 29日
トロッコ列車

南阿蘇鉄道高森線を走るトロッコ列車
立野駅~高森駅 17.7キロの第三セクターの鉄道会社。
熊本地震により被災を受け、現在は、平成28年7月31日より中松駅~高森駅間で元気に部分運転中!
今回は白水駅近くで撮影しました

根子岳をバックに・・中松へ向かって
f0013727_11205341.jpg

高森駅に向かって
f0013727_11212677.jpg

f0013727_11214449.jpg

白水駅にて
f0013727_11325342.jpg


by akikou11 | 2018-11-29 11:26 | 風景 | Comments(0) |TOPに戻る
2018年 11月 28日
箱石峠から
阿蘇山の東側を南北に走る、国道265号にある箱石峠。
阿蘇の外輪山にある峠。峠付近から展望が雄大で阿蘇谷、独特な形をした根子岳の山並み、山の斜面をなぞるように延びる国道などなど・・・今はススキが銀色の波になってきらきらと光っています。
f0013727_0313067.jpg

阿蘇高岳
f0013727_0325191.jpg

by akikou11 | 2018-11-28 00:28 | 風景 | Comments(2) |TOPに戻る
2018年 06月 14日
神楽女湖
小雨の降る天気でしたが花菖蒲にはよく似合っていました。

by akikou11 | 2018-06-14 23:21 | 風景 | Comments(0) |TOPに戻る
2018年 06月 14日
はじめてのミヤマキリシマ
長者原ビジターセンターから
はじめて星生山のミヤマキリシマを見ました。
実際登山して見られたらもっともっときれいでしょうね
f0013727_23151799.jpg


f0013727_23155729.jpg

by akikou11 | 2018-06-14 23:16 | 風景 | Comments(0) |TOPに戻る
2017年 11月 13日
糸島の海
きれいな空に誘われて糸島へ
雲もまたきれいでした。
f0013727_2125386.jpg

f0013727_2125365.jpg

やがて茜色に
f0013727_21261654.jpg

by akikou11 | 2017-11-13 21:26 | 風景 | Comments(2) |TOPに戻る
2017年 09月 15日
JR人吉駅の石造り機関車庫
人吉機関区(ひとよしきかんく)は、かつて熊本県人吉市にあった日本国有鉄道の車両基地(機関区)で
人吉駅に隣接して設置され、肥薩線・湯前線(現くま川鉄道湯前線)で運用される機関車・気動車が配置されていた。
(ホームページより引用)
f0013727_05585.jpg

駅舎と機関庫
f0013727_073980.jpg

機関庫内
f0013727_0104781.jpg車庫は1911年(明治44年)の建築で、石造平屋建て、幅16.4m、奥行50.8m。庫内には3線が引き込まれており、検修整備が行われる。石造の機関庫として現存し2009年現在も使用されているのは国内唯一となっており、経済産業省より「人吉機関区車庫」として近代化産業遺産の一つに認定されている。また、国土交通省九州運輸局より「JR九州人吉機関車庫」として九州遺産(近現代遺産)に認定されている
(ホームページより引用)f0013727_0115853.jpg
f0013727_01574.jpg f0013727_0314892.jpg


JR人吉駅の石造り機関車庫の近くには,蒸気機関車が方向転換する転車台(ターンテーブル)があります。
平成27年3月から11月のSL人吉の運行では,朝熊本駅を出て人吉駅に来て,
13時45分ごろから14時頃に転車台で方向転換してから,熊本駅に帰ります。
(冬の間はSL人吉は休みです。)
f0013727_0374748.jpg

f0013727_0411274.jpg

by akikou11 | 2017-09-15 00:21 | 風景 | Comments(2) |TOPに戻る


 
☆TOP☆